続・Pop In Aladdinを使ってみた。

結局、買い取りました…

返却する日、ちょうど用事があって引取の宅急便を待って家にいることができなかったので、迷ったのですが、どうせいつかは買うんだし、そんなに回数使ってないみたいだし、外だったので、スマホでぽちっと買取ボタンを押せば済むという道を選んでしました。

すでに、もう生活に溶け込んでいて、普通に毎日これがあるのが当たり前になっていたので自然な流れだったと思います。

ということで、さらに使ってみた後でのレポートですが、
背面投影でさらに大きくする方法があるとネットで見かけて試してみたのですが、よく見ると、あれはかなり壁が近くて小さくなってしまう方のお話みたいで、40~50インチが60インチになる、というようなことでした。

私の場合はすでにデフォルトで70インチくらいなので、これ以上大きくすると、逆に見にくいってこともあるし、一回試したんですが、うまくできなかったので、もう諦めました。

これで十分ですよね。贅沢ものだわ。

以前からこちらのプロジェクターを使ってたので、プロジェクターに慣れてて、欲が出ちゃったんですね~


【送料無料】スマホ向け超小型軽量モバイルプロジェクターSmart Beam Art 三脚付 スマホ プロジェクター 各種スマートフォン タブレット 対応 アウトドアシアター iPad iPhone/SB3448ART/s-ri-76468

これだと大きさは結構調整できたので、その辺の自由が利かないのはちょっと不便だけど、出したりしまったりしなくていい、毎日気軽に使えるし、調整を毎回しなくていいし、安定性があるので、今の方がいいです。

それに最近のiphoneでは解像度が合わずに縦に伸びて表示されるし、プロジェクター使ってる間はスマホ使えないのは困るので、その辺が解消されたのでよかったです。

ストレスフリーっていうか。

で、追加のレビューですが、

家で作業するとき、つけっぱにしてやることが多いですが、
何も見てない時も、放置してるとスクリーンセイバーのようにランダムに、中に入ってる機能(時計とか風景とか)が表示されたり、

KYODOのニュースやbouncyの便利グッズ紹介みたいなのも流れるので、結構それでニュース知ったり、いい情報を得たりします。

ソフトバンク優勝首位いぇーい!みたいな笑

これは暗くした状態。

で、

これはbouncyの画面です。

明るさの比較ですが、
普通に部屋を明るい状態にしても結構映るようにしました。
高輝度設定にして、映像モードを明るいに設定したらだいぶいいです。

また、気づいた点があれば追記しまーす。

購入するならこちらから。

購入する前にレンタルしてみるならこちら。


関連記事: